<< 呼吸で自律神経をコントロールしてみる | main | お陰様で7周年「身体が目覚める!ストレッチ教室」 >>

鎮痛剤の長期服用にご注意ください

首コリ、肩コリがひどくて吐き気や頭痛が、、、毎日鎮痛剤を服用しています。

 

膝や腰が痛くなることが多くて、長い間頻繁に湿布を使用しています。

 

初めてご来店いただいたお客様で、上記のような方がいらっしゃることがあります。

 

 

もちろん、痛みを我慢し過ぎるのは良くないですし、炎症を抑える必要がある時もあります。

 

そんな時には、鎮痛剤や湿布が必要です。

 

 

でも、毎日毎日使い続けるのはちょっと危険なことも。

 

鎮痛剤や湿布はお薬です。ほとんどのお薬には副作用があります。

 

モーラステープやボルタレンには「光線過敏症(光接触皮膚炎、光過敏性湿疹)」という副作用があったり、

ロキソニンはプロスタグランジンの生成を抑えることで、

 

痛みは抑えられるけど胃の粘膜うまく作られなくなる副作用があったり、、、

そして、どの鎮痛剤も痛いところだけではなく全身に作用するため、

 

他の痛みに気が付かないままになってしまう可能性があります。

 

痛みは、病気やケガなど何か不具合があることを知らせる感覚。私たちが生きていくために大切な感覚です。

 

 

痛みのコントロールは大切ですが、可能な場合は根本的な問題解決を。

 

そして、鎮痛剤の乱用や長期服用にはご注意ください。

 

 

 

 

 

☆-☆---☆----------------------------------------------
名古屋リメディアルセラピー
マッスルセラピスト・美姿勢スタイリスト 山本香代
TEL 052-265-8713 Mobile 090-7956-7269
住所 名古屋市中区金山1−2−5−602
Web http://nagoya-remedialtherapy.com/
---------------------------------------------------------

筋膜リリース、姿勢矯正、猫背、O脚、寝違い、ぎっくり腰、緊張性頭痛、

慢性腰痛、股関節痛、40肩、50肩、腱鞘炎、手足のしびれ、ストレッチ

などお気軽にご相談ください♪

 

「身体が目覚める!ストレッチ教室」実施中 ↓

http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=95

at 09:28, 名古屋リメディアルセラピー, 山本香代のリメディアルセラピー

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/trackback/339