<< 色々な意味で養っていただいています(笑) | main | 鎮痛剤の長期服用にご注意ください >>

呼吸で自律神経をコントロールしてみる

「自律神経」よく聞く言葉ですが、いまいちよくわからない、結局どうすればよいの?

 

という感じの質問をよくされます。

 

私も自律神経のスペシャリストではありませんが、、、

 

交感神経 → アクセル

副交感神経 → ブレーキ

 

と考えるようにしています。

 

自律神経は複雑だけど、こう考えるとちょっと分かりやすい気がします。

 

アクセルとブレーキなので、どちらも必要で大事。

 

車と一緒。

 

心身を上手に快適に動かすには、どちらも大事でバランスよく使う必要があります。

 

 

自分でコントロールすることが難しい自律神経ですが、呼吸をつかって働きかけることができます。

 

胸式呼吸 → 交感神経 → アクセル ピラティスなどで用いられます

腹式呼吸 → 副交感神経 → ブレーキ ヨガ、瞑想などで用いられます

 

やる気を出したい、リフレッシュしたい、頭をスッキリさせたい、などの時 → 胸式呼吸

ゆったりしたい、リラックスしたい、ちょっと落ち着きたい、などの時 → 腹式呼吸

 

こんな感じです。

 

その時の状況に応じて、ちょっと呼吸で心身をコントロールも取り入れてみると良いと思います(^^)♪

 

ちなみに女性は胸式呼吸になりやすく、男性は腹式呼吸になりやすいそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

☆-☆---☆----------------------------------------------
名古屋リメディアルセラピー
マッスルセラピスト・美姿勢スタイリスト 山本香代
TEL 052-265-8713 Mobile 090-7956-7269
住所 名古屋市中区金山1−2−5−602
Web http://nagoya-remedialtherapy.com/
---------------------------------------------------------

筋膜リリース、姿勢矯正、猫背、O脚、寝違い、ぎっくり腰、緊張性頭痛、

慢性腰痛、股関節痛、40肩、50肩、腱鞘炎、手足のしびれ、ストレッチ

などお気軽にご相談ください♪

 

「身体が目覚める!ストレッチ教室」実施中 ↓

http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=95

at 11:58, 名古屋リメディアルセラピー, 山本香代のリメディアルセラピー

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/trackback/338