<< 和顔愛語(わげんあいご) | main | 私のリメディアルセラピー。テーマは「予防と自立」 >>

プロのセラピストは、自分の身体も守れるはず

先日、下記のようなお問い合わせをいただきました。

 

 

「今オーストラリアでリメディアルセラピーを学ぼうと思っているのですが、


施術の仕事はハードなため、5年〜10年たたずに体に不調が出て

 

仕事をやめてしまう方が多いと聞いたのですが、

 

やはりそうなのでしょうか? 」

 

 

この質問を読んだとき、最初に思ったのは、

 

「誰がそんなこと言ってるんだーー!!

 

そんなセラピストの言うことに耳をかすなー!!」

 

でした(笑)

 

 

もちろん、まだ、セラピストではない彼女が上記のような話を聞けば、不安になって当たり前。

 

施術者自身が身体を壊すというのも、よく聞く話ですが、

 

一施術者として、毎回あきれると同時に少し腹立たしくもある話です。

 

 

 

お客様からも

 

「毎日、何人もの施術をして、疲れてしまわない?手が痛くなったりしない?」

 

とご心配をいただくことがありますが。

 

答えはNoです(^^)

 

 

 

たしかに、施術者ならではの、不調の出やすい部分もあります。

 

私は、首が弱いし、左の股関節〜腰に不調が出やすいです。

 

 

でも、それも、自分の状態を把握し、

 

必要なトレーニングやメンテナンスをしながら仕事をしていれば、

 

ひどい不調になる前に対処できるし、

 

たとえ不調になった際にも、自分である程度対応できます。

 

 

セラピストになって知識がつきトレーニングをするようになったことで、

 

むしろ、以前より快適な身体で過ごせています。

 

 

自分の身体を守ることができて初めてプロのセラピスト。

 

 

 

リメディアルセラピーでは、お客様のお身体のメンテナンスをお手伝いすると同時に

 

セラピスト自身の身体を守ることを大切にします。

 

学校でも、セラピストの身体に負担の少ない施術姿勢や方法、

 

セラピストとして働き続けるために、自分自身の身体作りが大切なことを学びます。

 

 

 

これからセラピストを目指す方も、リメディアルセラピーを受けに来て下さるお客様も、

 

セラピストの身体の負担に関しては、全く心配ご無用です(^^)

 

 

 

 

 

☆-☆---☆----------------------------------------------
名古屋リメディアルセラピー
マッスルセラピスト・美姿勢スタイリスト 山本香代
TEL 052-265-8713 Mobile 090-7956-7269
住所 名古屋市中区金山1−2−5−602
Web http://nagoya-remedialtherapy.com/
---------------------------------------------------------
姿勢調整、ストレッチ、肩こり、腰痛、猫背
O脚、X脚、ぎっくり腰、緊張性頭痛、40肩
など、お気軽にご相談ください♪

at 09:43, 名古屋リメディアルセラピー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/trackback/279