<< 姿勢で損をしていませんか? | main | 胸郭・肋骨をしめる!しまう!ってどういうこと?(バレエダンサー) >>

大人のバレエは難しい?(アンディオール)

当サロンには、アマチュアからプロまでバレエダンサーの方がよくお見えになります。

最近は、大人になってからバレエを始めたという方も多く

・アンディオールがなかなか出来ない

・腰が痛い

・肩を下げるコトができない

などなど、色々なご相談を受けます。


大人のバレエの難しい所の一つに

・身体の使い方のクセがある

・身体の動かし方のイメージが出来上がっている

というコトがあります。



例えばアンディオール」

先生からのアドバイスで

・カカトを出して

・足の裏を見せて

・つま先からねじり上げて

・お尻をしまって

というアドバイスがあったりすると思います。


特にクセのない子供は「ふむふむ」と先生のアドバイスに従って身体を動かしていたら、

出来るようになった!!

なんてこともあると思いますが、

大人がきくと「????」となってしまうコトもしばしば・・・

イメージを伝えられても、なかなか思うように身体が動かないことがあります。

それは、長年自己流の身体の使い方をしてきたクセがあり、

さらに身体の動きに対する、先生のイメージと自分のイメージに差があったりするからです。


例えば「カカトを出す」というのは、結果としてカカトが出るのであって、

実際には、

「小指を外踝に引き付けるという動き」と「親指をより遠くに伸ばす動き(足の裏にグッと力を入れる)」

を同時にしています。(細かく言うとコレだけではありませんが、大きく言うとこんな感じです)


足の外側から下肢の外側についている「腓骨筋」という筋肉という筋肉を使って、

足を外反(中心から外に向かって反らせる)させるというコトをしています。


なので大人には

・足の外側を後ろに反らせる

・小指を外or後ろにねじる

などといった表現の方がイメージしやすいかもしれません。


同じように「腰を反らせないで肩を下げる」など他の動きにも

出来ない理由があり、出来るための仕組みがあります


子供の頃からやっていないから出来ないんだ(涙)

と諦めてしまわずに、まずは自分のクセを知ってみてください

そして、具体的に身体を(筋肉を?)どう使えばいいのかを知ること。

どこの力を抜いて、どこに力を入れるのかを知ること

きっと今よりずっと身体は動くようになると思います。



みなさまのバレエライフが、より愉しく快適なものとなりますように☆







 


マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html

at 11:56, 名古屋リメディアルセラピー, バレエダンサーの方へ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/trackback/142