<< なぜストレッチ?−簡単!ストレッチ特集− | main | 肋骨(ろっこつ)はちゃんと動いてますか? >>

なんでゴルフで腰痛になるの?

最近ゴルフの練習に通い始めました♪

いろんな方に誘っていただきながら、なかなか重い腰が上がらなかったのですが、

やってみると面白いですね!ゴルフ☆



練習に行くと、自分の練習以外に面白いコトがもう一つ。

それは、他の方達の動作を観るコトです。

ド素人の私から見てもフォームのきれいな方は、「キレイなフォームだなぁ」と思います。

でも、

「あぁーそんな恰好で打ったら、腰が・・・」とか

「そんな打ち方をしたら、肩が・・・」

思わず心配になる方もしばしば・・・でも、私はゴルフはド素人。



なぜ、ゴルフはド素人の私がそんなことが気になるのか?分かるのか?

それは、ゴルフのフォームが良いか悪いか以前に基本動作ができていない方が多いからです。

(もちろんセラピストだから気になる、気づくと言うのもありますが)

ゴルフをやっていて「腰が痛くなった」「肩が痛くなった」というご相談を受けることがありますが、

実際に色んな方がやっている姿を観て「なぜそうなってしまうのか」納得です。


首や背中、股関節がちゃんと旋回できますか?

肩は自由に動きますか?


立つ・座る・歩くなどを含め基本的な動作が正しくできていないところへ、

特殊な動作を積み上げてもパフォーマンスが上がりにくいだけでなく、

さらに故障の原因にもなってしまいます。


逆に基本動作が正しくできていれば、特殊な動作も無理のない形(身体に負担のない形)で行えることが多くなります。

これは、ゴルフに限らずどんなスポーツや日常動作にも言えることです。



スポーツの秋!

楽しく身体を動かすためにも、まずは基本動作を見直してみるのも良いかもしれません☆




マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html


 

at 09:35, 名古屋リメディアルセラピー, 山本香代のリメディアルセラピー

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/trackback/122