膝が内向きのO脚、膝が外向きのO脚

「膝が内向きならX脚、膝が外向きならO脚」と言われることがよくあります。

X脚の膝は確かに内向きですが、O脚はどうでしょうか?


みなさんが自分の脚がO脚かどうか判断する際には、

膝がくっつくかどうか?で判断することが殆どだと思います。

「膝がくっつかない → 私はO脚」になると思います。


「膝がくっつかない → 私はO脚」とした場合、膝の向きは、必ずしも外向きではありません。

むしろ、内向きの方の方が多いくらいです。

実際に当サロンにお見えになっているO脚の方の8割くらいは、膝が内向きのO脚です。

膝が内向きでも、外向きでも、内腿やお尻を鍛える必要があるのは同じですが、

体操をする際に意識をする事、姿勢に関して気を付ける事は、違ってきます。



※立位でO脚のチェックをした際の股関節・骨盤について。

膝が内向きのO脚 → 股関節が内旋・骨盤が前傾

膝が外向きのO脚 → 股関節が外旋・骨盤が後傾


です。

そして、どちらのタイプにも膝の捻じれと足首の捻じれもあります。

O脚と同時に外反母趾になっている方も多いです。(足首の捻じれなども外反母趾の原因になるため)

多くはありませんが、骨盤後傾で股関節内旋という方など上記に当てはまらないもいらっしゃいます。

その場合上記の二例以上に股関節のねじれがあると考えられます。


O脚を調整する際には、骨盤・股関節の調整、足のアーチの強化が非常に重要です。

無理に膝だけをくっつけようとすると、膝を痛める原因になることもあります。


O脚は見た目の問題だけでなく、そのまま使い続けていると、将来、膝や股関節を痛めやすくなります。

まずは、ご自身のO脚の状態を知り、必要な対策を行ってください。


O脚に関するその他の記事 → http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?cid=10

☆☆---☆-------------------------------------
名古屋リメディアルセラピー
マッスルセラピスト 山本香代
TEL 052-265-8713 Mobile 090-7956-7269
住所 名古屋市中区金山1−2−5−602
Web http://nagoya-remedialtherapy.com/
-----------------------------------------------
姿勢調整、ストレッチ、肩こり、腰痛、猫背
O脚、X脚、ぎっくり腰、緊張性頭痛、40肩
など、お気軽にご相談ください♪

at 09:48, 名古屋リメディアルセラピー, O脚について

comments(0), trackbacks(0), - -

ちょっとしたO脚は身体の使い方で改善☆

最近続いているO脚ネタです☆

程度によりますが、ちょっとしたO脚なら身体の使い方を少し変えるだけでOkなコトもあります。



写真のお客様。

すごく離れているわけではありませんが、膝の間が空いており、

ムリに膝をくっつけようとすると、なんとかくっつきますが、膝が痛かったり曲がってしまったり。

たくさん歩いたり、スポーツをするとふくらはぎの外側がすごく疲れることも多いようです。



この写真は施術前にちょっとしたアドバイスをして、実践して頂き撮ったものです。(施術しないでアドバイスのみ)

・股関節の捻じれを戻す

・足への体重の乗せ方を変える

この2つの実践で、膝が痛かったり曲がることなく、くっつけられるようになりました。

(場合によっては、足関節や膝関節の調整も必要ですが・・・)

今は、意識をしないと戻ってしまいますが、日々の生活の中で意識をして身体を使っていけば、

意識をしなくても膝の間が空かなくなると思います。

コツさえわかれば全然難しい事ではありません♪



私のサロンでは、施術以外にご自身で実践していただく事のアドバイス(ストレッチやエクササイズ、身体の使い方など)

を必ず行います。

口うるさいセラピストだと思われているかもしれませんが(笑)

普段の生活やクセから生じた身体のゆがみや痛みは、普段の生活やクセを知って直さない限り繰り返してしますからです。

私自身、なかなか改善しない痛みや不快を経験してきました。



「心身ともによりヘルシーで快適な日常を!」が私のサロンの経営理念。

お客様たちには出来る限りご自身で快適な身体をキープできるようになって頂きたいと思っています。

そして笑顔で当サロンを卒業していって頂ければと思います♪






☆関連記事☆

あなたのO脚はどっちのタイプ? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=123

O脚が腰痛や膝痛の原因かも?調整すれば背も伸びる? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=126

お尻は一瞬で小さくなる!?? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=125



マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html

at 23:31, 名古屋リメディアルセラピー, O脚について

comments(0), trackbacks(0), - -

お尻は一瞬で小さくなる!??

お尻を小さくしたいという女性、たくさんいらっしゃいますね。

場合によりますが、お尻は一瞬で小さくなることもあります。

それも1〜2cmとかではなく、もっと見た目に分かりやすいくらい。


今日のストレッチ教室に股関節内旋のO脚の生徒さんがみえました。

大したO脚ではなかったので、お尻と足首の体操&ストレッチで膝はその場でくっつくようになりましたが、

もう一つ大きな変化が。それはお尻

ねじれていた股関節を戻した後お尻は小さく、さらに無くなっていた太腿とお尻の境目もできました



何が起こったのかが分かりやすい方が良いかと思い、私のお尻でやって見せたら

「わぁーお尻がおっきくなったり小さくなったりするー!!」と生徒さんは大爆笑でした・・・><

実は、すごく単純なことをやっているだけなんですけどね・・・あんなにウケると思いませんでした^^;



筋肉の緊張のバランスを整えたり、ねじれをとったり、骨格を整えたり。

筋肉と骨を正しい位置に戻してあげれば、体型はその場でも変わります。

(お尻だけでなく他の部分も)

あとは、正しい状態と使い方を覚えてキープ出来るようになれば体型もキープできます。



ボディメイキングをする際には、ぜひこんなことも知って取り入れてみてください。

意外と簡単にお悩みが解消するかもしれません♪



☆関連記事☆

あなたのO脚はどっちのタイプ? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=123

O脚が腰痛や膝痛の原因かも?調整すれば背も伸びる? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=126

ちょっとしたO脚は身体の使い方で改善☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=127

O脚の方への宿題☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=129



マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html

at 20:59, 名古屋リメディアルセラピー, O脚について

comments(0), trackbacks(0), - -

O脚が腰痛や膝痛の原因かも?調整すれば背も伸びる?

当たり前ですが・・・O脚を調整すれば背が伸びます。

曲がっている脚がまっすぐになり、傾いた骨盤が立てられるようになり、曲がった腰が伸びれば

当然、背が伸びます。脚も伸びます。


最近ご相談の多いO脚。

膝がくっつかないというだけでなく、

腰痛があったり、膝痛があったり、猫背だったり。

O脚が原因になっているケースも多くあります。


O脚の方に多い勘違いの一つは「骨が曲がっている」と思っていること。

先天的に骨が曲がっているのでない限り、硬い骨はそんなに簡単には曲がりません。

骨が曲がっているのではなく、関節と筋肉がねじれているコトが多いです。



日本人は、欧米人に比べて脛骨(脛のところの骨)が曲がっている方も多いようで、

その場合は手術をしないと真っ直ぐにはなりませんが、

「骨が曲がっている」と思い込んでいるだけの方の方が多いと思います。




関節や筋肉のねじれやバランスを整えれば、膝がくっつくようになり、

股関節のねじれが戻れば骨盤の傾きも戻るケースが多くあります。

O脚でお悩みの方は、まずはこんな所をチェックしてみてください↓

あなたのO脚はどっちのタイプ? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=123



股関節や足首がねじれて固いままでムリに膝をくっつけようとすると、膝痛の原因になるコトもあります。

まずは自分の身体を知り、ムリをするのではなく必要なメンテナンスをしてあげて下さい。


☆関連記事☆

お尻は一瞬で小さくなる!?? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=125

ちょっとしたO脚は身体の使い方で改善☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=127

O脚の方への宿題☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=129




マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html

at 21:41, 名古屋リメディアルセラピー, O脚について

comments(0), trackbacks(0), - -

あなたのO脚はどっちのタイプ?

O脚でお悩みの方、ご自身のO脚がどちらのタイプかご存知ですか?

O脚のタイプは大きく2つ。

✔ 股関 節外旋 & 骨盤 後傾 (猫背になりがち)

✔ 股関節 内旋 & 骨盤 前傾 (腰が反りやすい)






O脚と言うと、膝が気になると思いますが、股関節のねじれ・骨盤の傾きから調整するコトが殆どです。


膝だけを無理にくっつけようとしても、股関節がねじれている状態では、なかなかくっつかない上に

膝に負担がかかって痛い!なんてこともあります。

O脚の体操やストレッチなど色々ありますが、まずはご自身のO脚がどちらのタイプなのか?

知ることから始めてみてはいかがでしょうか?



日本人は、欧米人に比べて脛骨(脛のところの骨)が曲がっている方も多いようで、その場合は手術をしないと

真っ直ぐにはなりませんが・・・「骨が曲がっている」と思い込んでいるだけの方も多いです。



脚がまっすぐ伸びて、骨盤をきちんと立てられるようになると、肩や首に無駄な力が入らなくなり、

腰痛や膝痛だけでなく肩こり・首こりなどにも変化がみられると思います☆





☆関連記事☆

O脚が腰痛や膝痛の原因かも?調整すれば背も伸びる? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=126

お尻は一瞬で小さくなる!?? http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=125

ちょっとしたO脚は身体の使い方で改善☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=127

O脚の方への宿題☆ http://blog.nagoya-remedialtherapy.com/?eid=129





マッスルセラピストyamamotoへのご相談は、
http://nagoya-remedialtherapy.com/reservation.html
 

at 12:59, 名古屋リメディアルセラピー, O脚について

comments(0), trackbacks(0), - -